【速報】西日本 情報局 | 最新情報 口コミ情報

西日本 情報局では、「西日本」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 災害 」 一覧

no image

大規模災害に備え相互連携協定結ぶ 県とNTT西日本

県は三日、NTT西日本と、震度5強以上の地震や風水害など大規模な災害に備えた相互連携協定を結んだ。 県の災害対策本部に同社が情報連絡員を …

no image

私は「防災ネイリスト」 被災地の女性癒やし続け 自宅全壊、真備の39歳 /岡山

西日本豪雨で倉敷市真備町地区の自宅が全壊したネイリストの黒木知子さん(39)。災害に備えた地域活動を担う「防災士」の民間資格を取得し、再建した自宅の …

no image

今日14日(火)の天気 九州や東海は災害に警戒 大阪や東京は激しい雨に

  2020/07/14    未分類 , , , , , , , , , ,

西日本や東海では雷を伴った激しい雨となっているところがあり、大雨による災害の発生に警戒が必要です。特にこれまで大雨が降ったところでは少しの雨でも …

no image

大雨で地盤に緩み、災害警戒を 前線影響、西日本や東北で

梅雨前線や低気圧の影響で、12日は西日本や東北を中心に雨が降った。これまでの記録的大雨で地盤が緩んでいる地域では、少しの雨でも災害の危険度が …

no image

豪雨で8県35地点の降水量最多

西日本から東北の広い範囲で11日にかけて局地的に雷を伴った1時間に50~80ミリの非常に激しい雨が降りそうだ。これまで雨で災害のリスクが高まっている。

no image

西日本豪雨から2年 土砂災害の多い中国地方の課題とは

西日本豪雨(平成30年7月豪雨)により西日本の各地で甚大な災害が発生してから、きょう(7月6日)で2年になります。 復興の作業は進んでいますが、いまだに …

no image

今日7月6日(月)の天気西日本や東海は豪雨に警戒 東京でも本降りの雨に

  2020/07/06    未分類 , , , , , , , ,

前線に向かって非常に暖かく湿った空気が流れ込むため、雨雲が発達します。九州など西日本や東海では局地的に雨が強まり、大雨のおそれがあるため、災害の …

no image

明日への課題 記憶の継承を考える/上 通学路の避難場所把握 /岡山

2018年7月の西日本豪雨の後も各地で災害が頻発する中、その教訓を生かすための動きが広がっている。未来を担う子どもたちにはどう伝えていけばいいのか …

no image

西日本豪雨復興関連の負担も続く

岡山県の西日本豪雨の復興関連の費用は2018年度から20年度当初予算まで約1388億円に上る。財政調整基金は災害前の17年度末で176億円。災害の …

no image

避難施設増強へ自治体支援

国土交通省は7日、最大クラスの災害に備え、避難施設を増強する方針を固めた。2018年の西日本豪雨、昨年の台風19号など地球温暖化で従来の規模を …

no image

「心に残る歌声」優しく 田代芳樹

流域で死者147人、被災者約54万人を出した1953年の西日本大水害をはじめ、昭和の20年代から30年代にかけ、筑後川は幾度となく大きな災害に見舞われた。

no image

西日本豪雨で被災 吉田中学校で防災マップ発表会(愛媛・宇和島市)

西日本豪雨の被災地、愛媛県宇和島市吉田町で、中学生が住民の証言をもとに作成した防災マップの発表会が20日開かれ、生徒たちが災害への備えを …

no image

災害関連死、新たに倉敷の3人 審査会で因果関係 /岡山

2018年7月の西日本豪雨後に亡くなった人が、災害の影響によって死亡した「災害関連死」に当たるかどうかを調べる審査会が22日夜、県分庁舎(岡山市中区) …

no image

自助共助、高めよう 真備で勉強会「川辺みらいミーティング」 経験共有、課題を整理 /岡山

2018年の西日本豪雨で甚大な被害が発生した倉敷市真備町川辺の住民らが、災害の際に必要となる自助・共助の力を高めようと、「川辺みらいミーティング」と …

no image

災害の時代に 犠牲者を減らす取り組み加速を

とりわけ豪雨対策は喫緊の課題だ。2017年の九州北部豪雨、18年の西日本豪雨、そして昨年の台風19号などによる被害と、3年連続で大きな災害に見舞われ …

no image

気象庁記者会見、住民意識 より早く、危機感伝え

いのちを守る>. 気象庁が、記者会見の改善に取り組んでいる。昨年7月の西日本豪雨で、災害が始まる前日から緊急記者会見を開いて危険を訴えた …

no image

台風19号 義援金41億円 受け付け1カ月 西日本豪雨の6割 日本赤十字

10月の台風19号で被災した人に配られる義援金が、昨年7月の西日本豪雨の6割ほどしか集まっていない。災害が珍しくなくなり、関心が低下していることなどが …

no image

災害に強い地域作りを 倉敷市で検討会

去年の西日本豪雨をふまえ、災害に強い地域づくりを目指す倉敷市の2回目の検討会がきょう開かれました。 きょうの検討会では倉敷市内におよそ4万人いる …

no image

朝晩はぐっと冷え込み、寒風が肌を刺す…

  2019/11/27    未分類 , , , , , , , , , , , ,

朝晩はぐっと冷え込み、寒風が肌を刺す。冬本番が近い。先の水害で肉親や住む家、財産を失った人々のことが気掛かりだ。災害はとかく地方に集中し、復興は …

no image

人的被害のリスクは低くない 橋本 彰博氏

ここ数年、大雨による災害が毎年発生している。今年も佐賀県などで大きな損害をもたらした令和元年8月豪雨、東日本の広範囲にわたって甚大な被害を …